だいじょうぶなもの ヴィーガンDHA+ボラージオイル

ーだいじょうぶなものー

ヴィーガンDHA+ボラージオイル】がお店に入荷してきました。


だいじょうぶなもの、のシリーズは余[yo]の総販売元であるたかくら新産業さんの手がける製品です。

次世代の「オメガ3」と言われる藻由来DHAオイルに女性ホルモンのゆらぎをサポートするボラージオイルを加えた、インナービューティーオイルサプリメントです。

体内では作り出せない必須脂肪酸のひとつ、オメガ3を吸収率よく摂るための栄養補助アイテムです。

オメガ3のグループとされる脂肪酸には、αリノレン酸、EPA、DHAの3種類があります。
魚にDHA含有量の多いことはよく知られています。
一方、植物性オメガ3オイルとして有名なのは亜麻仁オイルやえごまオイルですが、これらはαリノレン酸の状態で含まれていて、体内で酵素によりEPAに変換され、その後、DHAに変換されていくという段階を経ています。
αリノレン酸で摂取したは場合、体内で最終的にDHAに変換する酵素が不足したり働きが鈍ったりすると変換される量が減るので、摂っているつもりでも実際は不足している可能性も。

このヴィーガンDHAは「藻由来」のDHAなので、魚臭さがないのも魅力。


この藻由来DHAオイルには総オメガ3脂肪酸中、DHA96%、EPA4%の割合で含有されています。

DHAは女性特有のホルモン由来の肌トラブルの改善・冷え性改善・脳や視力機能の維持など様々な身体によい働きが期待でき、EPAの持つ血小板凝縮抑制作用は血液をサラサラにする効能もあるそうです。

 

◆美容室がヘルス製品やサプリメントをなぜお勧めするのか。

東洋医学で頭髪のことを血余(けつよ)と言うそうで、血(けつ)は人体の生命活動に必要な栄養を意味します。大切な生命活動に血を使い、その余りが頭髪になる、という意味合いです。髪の毛の質には、その人の栄養状態が大きく反映されます。

人の体は、自ら健康を維持するようにできています。もし体内の栄養状態が悪化した場合、体は生きていくために重要な内臓を守るため、必要な栄養はまず内臓に優先的に回されます。その結果、髪の毛や爪などに供給される栄養が手薄になります。その結果、髪の毛が抜けたり薄くなったり細くなったり、また爪がもろくなったりします。

髪の毛は自分自身の健康状態を知るバロメーター。
健やかで美しい髪を意識し保つことは、自分自身の健康に向き合うことに繋がります。
サラサラで良い血が酸素や栄養素を運び”健康な髪の毛”へ。
「血流」は健康な髪作りと深く関係しているのですね。

facebook